• 【660】播州織やたら縞ハット(日・やたら)(週刊新潮紹介)
  • 【660】播州織やたら縞ハット(日・やたら)(週刊新潮紹介)

【660】播州織やたら縞ハット(日・やたら)(週刊新潮紹介)

11,000円(税込)
サイズ

播州織産地で語り継がれる「やたら縞」を復刻した畳めるハット。

兵庫県・北播磨地域で200年以上受け継がれてきた綿織物・播州織。国内先染織物の70%以上のシェアを占めている。
播州織産地では、織物が売れに売れた戦後の「ガチャ萬」と言われた時代、糸不足から様々な残糸で織った「やたら縞」と呼ばれる織物があった。糸の色や太さがバラバラで縞の配列も不規則な、まさに「やたらに織った」代物だった。
こちらはそれを現代の技術・糸使いで復刻し作った折り畳みできるハット。当時と異なり、厳選された素材と職人技で織り上げられたランダムな縞模様が高級感を漂わせる。綿100%だから、家庭の洗濯機で洗えるのもありがたい。

【サイズ】[M]約59㌢ [L]約61㌢
【重量】[M・Lとも]約80㌘
【素材】[表面]綿100%撥水加工 [裏面]綿100%
【生産国】日本

■■重要■■
■不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、一定条件を満たす場合を除き、基本的にはお受けできません。
■複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。